大人と子猫で違う?市販で猫におすすめのウェットフードを年齢別にご紹介

猫を飼おう

人間や犬は雑食動物ですが、猫は生粋の肉食動物です。そのため、動物性の餌をあげることが重要です。基本的には総合栄養食を食べることになります。

猫のご飯には

①ドライフード

②ウェットフード

③二つの間のセミモイスト

の3つがあります。基本的には、ドライフードとウェットフードを食べさせてあげれば全く問題ありません。今回はその中でもウェットフードについて詳しく説明していきます。

猫は子猫の時にある程度ご飯の好みが決まるので、子猫の時にウェットフードを慣れさせておくことが大切です。そうすることによって、大人になったときに、食欲不振や水分を摂らせたい時などの様々な場面で役に立ちます。

 

ウェットフードはこんな時に役に立つ

ウェットフードは水分量が約75%程あります。匂いが良いので、食欲がないときにも食べてくれるのでおすすめです。また、ドライフードに比べて高脂肪なので、少ない量で高いカロリーを一度に摂取することができます。特にこんな時におすすめです。

ドライフードを吐いてしまう
便が固くなりがちだったり、便秘のとき
水を飲まない
ドライフードを食べすぎてしまう
(加齢や病気などで)口内炎を起こしてドライフードを食べられない

 

ウェットフードのメリットとデメリット

ウェットフードにもメリットもデメリットがあります。

メリット
ドライフードと異なり、お肉っぽくて、風味がとても良い
水分が多く含まれているので、食べ応えがあって、水分補給も同時に取れる
パックになっているので、開封しなければそれなりに持つ

 

デメリット
ドライフードよりも高い
開封後は長くは保管できない

 

ウェットフードの保管方法

ウェットフードは柔らかく、生ものに近いので、開封後はあまり保存はききません。

未開封であれば、常温で保存可能なので、記載してある賞味期限内に食べさせましょう。

開封後はトレイや袋を密封して、冷蔵庫に保管して、できればその日中に食べさせるようにしてください。もし少ししか残していないようであれば、そのまま捨てて、容器はしっかり洗いましょう。

 

大人と子供でウェットフードは変わる?

ウェットフードは基本的には、子供と大人で食べさせるものが変わります。「ニュートロ」のデイリーディッシュなどであれば、12か月以降は同じで大丈夫ですが、少なくとも生後1か月~4か月のウェットフードは専用のものにしてください。

子猫に食べさせて良いのはミルクを卒業することの4か月歳以降です。

 

ウェットフードはいつ食べさせるの?

ウェットフードは基本的には毎日食べさせるものではありません。毎日食べさせてしまうと、コスパの良いドライフードを食べなくなったり、肥満になりやすくなってしまいます。

そのため、あげるタイミングに決まりなどはありません。

基本的にはドライフードをあげますが、最近水を飲む回数が少ないと感じたり、お留守番の時のご褒美などにあげるようにしてください。

※費用などに問題がなければ、一日の摂取カロリー内であれば、ドライフードに混ぜてあげても構いません。あくまで、食べさせすぎないようにしてください。

ウェットフードの選び方

猫の本能と習性を合わせたウェットフードを選びましょう。一番大切なのは、栄養バランスです。

栄養バランスが良くて、食感や形状、大きさなどが違う何種類かのフードをローテーションで与えるようにします。

美味しいだけだとすぐ飽きてしまう
自分の好みに合わないと食べてくれない
年齢と状態によって必要なケアが異なる

ウェットフードには色々な形や食感があります。これは猫の好みによりますので、色々あげてみるもの良いです。

ローフ<グレイビー<ゼリーの順に柔らかくなっているので、歯の弱い猫にはゼリーをおすすめします。

【ローフ】

【グレイビー】

【ゼリー】

 

おすすめのウェットフードをご紹介

子猫のご飯は4カ月齢で切り替えが必要です。実際に飼っている猫(1歳(♀)と2歳(♂))にあげてみて、食いつきが寄ったおすすめのウェットフードをご紹介します。

生後1カ月~4か月でおすすめのウェットフード

●健康を維持することで自然の抵抗力を維持
●理想的な離乳によるドライフードへの移行を目指す
●健康的な消化を維持する

ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット

ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット 100g×24個

 

デメリットは、少し高めであるという点です。でも子猫の時にウェットフードを食べさせたのは正解なのかなと思いました。大人になってからウェットをあまり食べてくれないと、後々に困ります。

生後4か月~12カ月でおすすめのウェットフード

 

健康的な消化を維持
●健康を維持することで自然の抵抗力の維持
●健康的な発育に配慮

 

ロイヤルカナン「FHN(キトン)」

ニュートロ「デイリーキッチン」

値段的にはニュートロをお勧めします。でも食いつきが良かったのは、ロイヤルカナンの方でした。ドライフードがロイヤルカナンだからなのでしょうか?

成猫用(12カ月以降)でおすすめのウェットフード

理想的な体重を維持する(食用旺盛、去勢、避妊で体重が増えやすい)
●健康的な泌尿器系の維持

ロイヤルカナン「ユリナリーケア」

ロイヤルカナン ユリナリーケア(ウェット)

ニュートロ「デイリーキッチン」

アメリカンショートヘアーはロイヤルカナン。ベンガルはニュートロの方が食いつきが良かったです。ニュートロの方が野生的な味の説明があったので、狩りをする習性の猫はニュートロがいいかも!

高齢猫用(12歳以上)でおすすめのウェットフード

高齢猫は食欲不振や、歯が弱く、ご飯がうまく食べれないことが多いので、高齢猫用のウェットフードを食べさせてください。

健康的な関節、脂肪をつける
●食欲がなくても脂っぽくなく、水分も一緒に摂ってもらう

ロイヤルカナン「エイジングケア12+」

ニュートロ「エイジングケア(チキン)」

まだ高齢の猫を飼っていないため、実際に食べさせていません。でも仲良くしてくださっているペットショップの店員さんに、市販で買うならこれが良いとおすすめされました。

最後にも書きましたが、高齢の猫は何か病気を患うことが多いので、そうしたら医療系のご飯に変えましょう!

食べさせるときは、ウェットとドライを併用する

今回はウェットフードの詳しい説明をしました。

ウェットフードだけを食べさせるのではなく、あくまでもドライフードの補助的な使い方をしてください。また、猫にも人間と同じで、肥満や糖尿病、じん不全、食物アレルギーなどの病気があります。

最近ではこれらの病気に合わせたご飯も開発されているので、市販では購入できない場合には、病院に連れて行き、診断後に獣医師さんから購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました